Schedule日程

大会名

2018(平成30)年度第34回静岡県女子サッカーリーグ

主催

一般財団法人静岡県サッカー協会

主管

一般財団法人静岡県サッカー協会女子委員会・静岡県女子サッカーリーグ実行委員会

後援

日刊スポーツ

期日

2018年4月~2019年3月

会場

県内各地

参加資格

  1. 公益財団法人日本サッカー協会に登録したチーム及び選手とする。
  2. 中学生以上の女子に限る。
  3. 公益財団法人日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一「クラブ」内のチーム間であれば移籍手続きを行うことなく本大会に参加させることができる。この場合、同一「クラブ」内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。なお、選手が所属するチームの種別・種別区分は問わない。
  4. 外国籍選手は5名まで登録でき、1試合3名まで出場できる。
  5. 選手証を携帯すること。

[追加登録] 

  • 追加登録は、2018年11月末日までとする。
  • 追加登録選手の出場は、実行委員長へ提出し、受理後とする。
  • リーグ参加チーム同士の移籍選手の出場は、移籍登録完了後(JFA承認後)1ヵ月後とする。(尚、これを違反した場合は、チーム最終順位を最下位とする)
  • 追加登録は、指定の書類とJFA承認後のコピーを実行委員長へ連絡すること。

参加チーム

1部 10チーム

アスレジーナ・磐田北高校・桐陽高校・富士見FCガイア・東海大学付属静岡翔洋高等学校中等部・
ASR Fukuroi FC・島田プリンセス・静岡大成高校・オレンジFC Mishima・FC Fuji メジェール

2部 10チーム

アスルクラロ沼津・ジュビロ磐田レディース・浜松泉FC・ラガッツァ焼津・清水第八マイア・
静岡エルFC・清流館高校・吉原高校・藤枝西高校・清水FC女子

競技方法

  1. 2018年度公益財団法人日本サッカー協会競技規則に準ずる。
  2. 1部10チーム、2部10チームによる1回戦総当りとする。
  3. 試合は70分ゲームとする(延長なし)※ハーフタイムは前半終了時から後半開始まで10分間とする。
  4. 各試合の登録は20名までとする。交代は9名の中で自由な交代とする。交代用紙は使わず、本部へ氏名・背番号を申告し、交代する。
  5. 1チームの競技者が7人未満になった場合、『0-6』不戦敗とする。この場合はチーム最終順位を4位降格とする。
  6. 退場・警告については、以下のように定める。
  • 警告を2回受けた選手は、直近の本リーグ1試合に出場できない。なお、本リーグ期間中に科せられた警告の累計は他大会には影響を及ぼさない。
  • 退場を命じられた選手は、自動的に直近の本リーグ1試合に出場できず、それ以降の処置については規律委員会において決定する。
  • 本リーグにおいて、他大会等の出場停止処分を消化する場合は、事前に書面にて実行委員長まで提出しなければばらない。
  1. 順位は、下記の順序によって決定する。
    (1)勝点〔勝3・分1・負0〕  (2)得失点差〔得点-失点〕  (3)総得点  (4)勝率〔総勝数÷総負数〕
  2. リーグ途中、事故により、リーグ参加できなくなったチームが発生した場合は、そのチームとの対戦成績を白紙とする。そのチームの順位は最下位とする。
  3. 試合球は5号球持ち寄りとする。

審判

一般財団法人静岡県サッカー協会審判委員会に主審を依頼する。副審・第4審判は各チームの4級審判員以上が行う

入替戦

  1. 1部10位、2部10位は自動降格とする。
  2. 2部1位は自動昇格とする。1部9位2部2位と、2部9位はチャレンジ戦2位と入替戦を行う。
  3. 試合時間:35分-10分-35分(延長無し)
  4. 競技規則は県リーグと同じ。
  5. 引き分けの時は、上位チームが残留となる。
  6. チャレンジ戦参加チームが1チームの場合は、2部10位と入替戦を行う。

チャレンジ戦

  1. チャレンジ資格は、各支部リーグ優勝もしくはそれに準ずるチームとする(最大1チーム)。チャレンジ戦参加希望チームは、12月末日までに支部長経由で推薦書を県リーグ実行委員長に提出する。2019年1月中旬頃(未定)までに申し込むこと。
  2. 出場選手資格は、2018年11月末日までに登録されているチーム・選手であること。
  3. チャレンジ戦参加料 10,000円(審判料等)
  4. 運営は県リーグ実行委員会が行う(選手資格・選手証の確認含む)。
  5. 会場については未定
  6. チャレンジ戦と入替戦は2月下旬頃までに行う。詳細は実行委員会で決定する。
  7. 2018年度県リーグに登録した選手は、他チームで県チャレンジ戦には出場できない(クラブ申請含む)。これを違反したチームは失格とする。

東海リーグ

  1. 県リーグ1部優勝チームは、東海リーグに参加する権利を得ることができる(東海リーグ要項に則る)。東海リーグ参加意志の有無は、12月末日までに県リーグ実行委員長に連絡することとする。県リーグ実行委員長は東海リーグ静岡県担当者を通し、東海リーグ側に連絡をする。
  2. 東海リーグに昇格、及び諸事情により県リーグ1部を脱退するチームがある場合
    1チームの場合:1部9位が残留。1部10位と2部2位が入替戦を行う。2部10位vsチャレンジ戦1位。
    2チームの場合:1部9、10位が残留。2部2位までが1部に昇格。チャレンジ戦2位までが昇格。
  3. 東海リーグに参加した静岡県所属のチームが、東海リーグから降格、及び諸事情により東海リーグ参加が不可能になった場合、次年度は県リーグに特別枠として参加することができ、入替戦を経て 決定したチームに加えて県リーグを構成する。この場合、原則として次年度のリーグで最下位チームは無条件に降格とする。
  4. 東海リーグチャレンジ戦チームについては、県リーグに残る場合、上記3と同様に特別枠として参加する。