Schedule日程

大会名

しずぎんカップ第38回静岡県ユースU-11サッカー大会

趣旨

静岡県の将来を担う子どもたちのサッカーへの興味・関心を深め、サッカーの技術・理解を向上させると同時に、サッカーを通じて心身を鍛え、リスペクト精神を養い、クリエィティブでたくましい人間の育成を目指し、その研修の場としての本大会を開催する。将来に向けて大きく成長するための準備として、この年代にふさわしいゲーム環境を提供することにより、育成年代で年代に応じた豊かな経験を積み重ねる中で自ら成長していくことのできるようサポートする。子どもたちや周囲の大人が、サッカー、スポーツの素晴らしさに触れ、生涯にわたって楽しみ、関わっていけるよう、文化として熟成していくことを目指す。指導者はエントリー選手全員出場に向けて努力する

主催

一般財団法人静岡県サッカー協会・株式会社静岡朝日テレビ

主管

一般財団法人静岡県サッカー協会4種委員会
一般財団法人静岡県サッカー協会中部支部・中東部支部

後援

静岡県教育委員会・朝日新聞社静岡総支局・日刊スポーツ新聞社静岡支局

特別協賛

株式会社静岡銀行

期日

2023年2月25日(土)・26日(日)

会場

清水総合運動場・清水蛇塚グラウンド・草薙球技場

参加資格

  • 本大会の趣旨に賛同するチームであること
  • 一般財団法人静岡県サッカー協会に登録した11歳以下(5年生~3年生)の選手で構成されたチームで一般財団法人静岡県サッカー協会4種委員会各支部予選を経たチームであること
  • 選手は個人登録してあり,傷害保険(スポーツ安全保険等)に加入していること
  • 地区予選から県大会に至るまで同一選手が異なるチームへ移籍後,再び同一大会に参加することはできない

参加チーム数

各支部から選ばれた32チーム。但し不参加があった場合は,開催支部のチームを補充する(東部8・中東部3・中部4・中西部5・西部12)

チーム構成

  • 大会エントリー表に記載された選手・指導者(代表者・監督・コーチ)に大会出場資格が与えられる
  • 大会エントリー締切後の選手の追加追加変更及び背番号の変更は認めない
  • エントリー登録数は選手25名以下、指導者7名以下、医療従事者1名以下とし、当日、試合毎にベンチに入ることができる選手・指導者はエントリー表に記載された中から、選手16名以下、指導者2名以上5名以下(医療従事者を含む)を選出する
  • エントリーされた選手・監督・コーチは、JFAが公式に認める電子登録証(選手証又は登録選手一覧・公認指導者ライセンス証・)を印刷したものを持参し会場でチェックを受けなければならない。ただし、登録選手一覧には顔写真登録がされていること
  • 電子登録証(選手証・公認指導者ライセンス証はD級コーチ以上を有する)を確認できない選手・監督・コーチはベンチ入りできない

競技方法

4チーム8ブロックの1次リーグを行い、各ブロック上位1位チームが決勝トーナメントへ進む方式

1次リーグ、決勝トーナメントの試合時間は15分-5分-15分とする。1次リーグは同店の場合でも延長戦を行わず、❶勝ち点<勝3・分1・負0>➋得失点❸当該同士の対戦成績❸得失点❹総得点❺抽選の順によりリーグ内の順にを決定する

決勝トーナメントは同点の場合、延長を行わず、PK方式(3人)で勝者を決定する

競技規則

公益財団法人日本サッカー協会8人制競技規則に準ずる。ただし本大会規定を設ける。その他は4種委員会細則による

  1. 交代人数・回数とも制限しない。一度退いた選手がその試合中に再び出場することができる。(自由な交代を認める。)
  2. 退場者があった場合は控え選手を補充できる
  3. 一方のチームが6名未満になった場合、試合は成立しない。リーグ戦はそのチームの全試合結果を抹消する
  4. 退場処分または大会を通じて警告2回を受けた選手は次の1試合の出場は認めないものとし、一般財団法人静岡県サッカー協会へ報告する
  5. ピッチサイズは縦68~60m・横50~40mとする。ゴールは少年用(2.15m×5m)とする

試合球

公認4号球 ㈱モルテン

表彰

優勝,準優勝,第3位,フェアプレーのチームを表彰する

優勝…トロフィー・賞状・メダル16個

準優勝…トロフィー・賞状・メダル16個

3位…トロフィー・賞状・メダル16個

閉会式

2023年2月26日(日)決勝戦終了後予定 (8チーム参加)

その他

  1. 本大会上位2チームはJA全農杯全国小学生選抜サッカー東海大会へ出場する権利を獲得する
  2. 本大会上位8チームは、翌年度のフジパンCUP静岡県大会予選へ出場する権利を獲得する
  3. 大会要項及び4種委員会細則に規定されていない事項は4種委員会で協議の上決定する
  4. 新型コロナウイルス等により大会方式を変更する場合は以下の通りとする場合がある
    ・試合はトーナメント方式で行う。ただし同点の場合、延長を行わず、PK方式(3人)で勝者を決定する。
    エントリー表に記載された選手、指導者がコロナ感染、濃厚接触者と認定された場合に、2週間の確認期間が取れない選手、指導者は大会に参加できない。(大会期間中に判明した場合も同様とする)
    ・エントリー表に記載された選手・指導者がコロナ感染、濃厚接触者と認定された場合であっても、その他の選手、指導者で規定参加人数が揃えば、そのチームは大会に出場することはできる。(大会期間中に選手、指導者不足になった場合は棄権とする)
    ・新型コロナウイルス感染予防に関する県4種委員会が決定した内容を遵守すること
    ・新型コロナウイルス感染予防に関する県4種委員会が定める書式を提出すること